RとJのあいだ

アクセスカウンタ

zoom RSS Franz Kafaka's Amerika / DCPRG

<<   作成日時 : 2007/04/23 23:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
菊地成孔が主宰を務めるDate Course Pentagon Royal Gardenの4年ぶりの3rdアルバムにして問題作。妄想のアメリカを描いたという今作は、2枚組みのボリュームでP-Vineからリリース。

菊地成孔 : CD-J, kbd
坪口昌恭 : kbd
高井康生 : g
Jason Shalton : g
栗原正己 : b
芳垣安洋 : ds
藤井信雄 : ds
大儀見元 : per
吉見征樹 : tabla
津上研太 : sax
後関好宏 : sax
青木タイセイ : tb
佐々木史郎 : tp
関島岳郎 : tuba

アブストラクトなトラックとちょっとキャッチーなフレーズを持ったトラックが交互に並んだ全7トラック。最後のトラックは唯一作曲したトラックらしいけど、インプロを編集したトラックが並びます。

全編カオシックなサウンドとリズムが堪能できて、何処を切り取ってもカッコいいアンサンブルやソロが楽しめます。初めて聴いた恵比寿ミルクのGolden Abstractを思い出しました。


FRANZ KAFKA?S AMERIKA
FRANZ KAFKA’S AMERIKA

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Franz Kafaka's Amerika / DCPRG RとJのあいだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる